カテゴリー「地球に優しい生活」の7件の記事

2015年2月16日 (月)

ミニミニ菜園♪

引越しして、お庭が無くなってしまった我が家ですので

なかなか、畑は作れませんが
プランターに、青ネギや小松菜の
根っこ・・・(買ってきたお野菜についてる根っこです!)を捨てずに植えています☆

ちっちゃい根っこなのに、ちゃんと葉っぱが出てくるんですよ~☆

しかも、外で、こんな寒い時期ですが
ちゃんと、芽が出て
小さな葉っぱになってきました☆

   2015-02-16 08

そろそろお味噌汁に、入れられるかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

違う色で作ってみました♪

ハンカチ製、ばらのブローチ
他の色でも作ってみました。

金具が調達できれば
イヤリングとか
他にもいろいろ
なんか出来そうですよね♪


元おとなりさん宅の
ピエールちゃんも
満開になっていました。


娘はTEENTOPの神戸公演のため
夕べ夜行バスで出かけ(笑)

私も来週のソギさん武道館は
初日だけ参戦いたします♪

これから
都内まで韓国語レッスン☆
移動中のスマホからなので
写真編集は帰ったらね♪
 


ちなみにコレ、大きく見えちゃうようですが

実は結構小さいのです☆

 

5センチ四方くらいの台に、貼り付けてあるので

バラ一輪が1センチくらい・・でしょうか?



| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

バラ、作ってみました♪

TVで
紙で作るバラのアクセサリーを
紹介してるのを見て。

あ、そーだ
あーゆーの、使わないハンカチを
再利用して作ってみたらどう?と
思い付いて。

ちょっと
ブローチを作ってみました。


大好きなバラ
ピエールちゃんみたいなのが
出来たら嬉しいけど♪

作りはじめたら
何だか楽しくなっちゃって。(笑)

娘に
それ、作ってどーするの?と
突っ込まれちゃいました☆



| | コメント (4)

2011年3月15日 (火)

停電☆

ついに停電始まりました。

第一地区なので
16時前からスタートして19時くらいまでらしいです。

今日は天気悪くて暗いので…
おばあちゃん心細いかなと
義母の部屋に来たけど
テレビ見れないし
手持ちぶさた☆

普段の電気の有り難みが
身に染みますね☆


家族が一部屋に集まって
みんなでモンハンやってます☆
ゲーム機は電池だから大丈夫なんですって!

私は息子が以前作った手動のラジオ聞いてます☆

これ結構スグレモノです!
ライトもつくし。

でも手動でハンドルをしばらく回して発電しないとダメなの。
で、しばらくすると消える!何十分かはもちますが。

でも、これかぁ〜☆と思いました。

ラジオくらいなら
少しは蓄電できて間に合うけど…
電気はためておく事ができないのですよね。

だから
使用量を予想して足りない分を
こうやって停電で間に合うようにするって…
ホント、考えたらスゴイ事ですね!

グループ分けも
はじめは何で、こんなに細かいの?と思ったけれど

送電線ごとに止めるしかないわけだから
(まさか電柱ごとに止める訳にはいかないでしょ?)

そーすると
この送電線はどこをどう通ってどこまで?
という事を調べて分けなきゃいけないし

地区が固まらないように分けたようだし

多分東電の社員さんは
徹夜作業だったのではないでしょうか。

毎日すごい予想の元に電気作って送ってくださっていたのでしょうね〜☆

いろいろ知らないだけで
たくさんの色々な業種の方のお仕事のおかげで
毎日便利に暮らさせていただいているのでしょうね。

そんな事に気付かせていただいた停電でした。

そもそも福島の原発だって
関東の電気な訳で。
福島の電気じゃないんですよね?

これを機に
みんなで太陽光発電付けるとか
なんかできないものでしょうかね?

| | コメント (2)

2009年7月19日 (日)

野菜の赤ちゃん

日よけのために

きゅうりとゴーヤーを窓のところに植えたのですが

外灯の近くで

夜でも、明かりがあるせいなのか・・・?

すごい勢いで大きくなっています。

 

きゅうりとゴーヤーを一つのプランターに植えてしまったので

さて、ちゃんとできるのか

ちょっと心配なのですが。

 

とりあえず雌花が咲いているのを

見つけました!

 

 

 あかちゃんきゅうりがついています。

2cmくらいかな~?

 

 

こちらはゴーヤーです。

まだ蕾。翌日かわいい花を咲かせて

一日でしぼみ、今日はもう下を向いていました。

 

おととしくらいに植えたゴーヤーは一つしか実がならなかったので

今年は、もう少し沢山なってくれるといいのだけど。

 

きゅうりのほうは、雌花がまだいくつか咲いていました。

きゅうりのほうが、外灯側にあるせいか

ゴーヤーが負けてるかな~、って感じです。

 

ゴーヤーのが強いから、他が負けちゃう・・とかって

聞いたことがあるんだけど。

はてさて、これからどう育つやら。

一日10センチくらい伸びてるかな?って感じで

どんどん上へ伸びているので

とりあえず、パパのパソコン部屋が少し涼しくなって

(なんと今年、突然エアコンが壊れたし!)

野菜も、少し収穫ができたら

万々歳!です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

プラスティックな野菜・・?

いつもは、地元の農協直売所とか

仕事先のちょっとこだわった八百屋さんで

野菜を買うことが多いのですが

 

先週、久しぶりに立ち寄った近所の大型スーパーで

毎週火曜の99円セール、につい釣られて

いろいろ野菜を買ってきた。

 

でもね、

ほうれん草さん。

お弁当に何束ずつとか、分けて使って残ってたの

一週間忘れてた!

・・・・のに

無傷なのよね。

 

いつもの野菜は、特に葉モノは

2.3日もすれば溶けてきちゃうはずなのに。

 

ほうれん草も水菜も

使い残りなのに、まったくキレイ!

 

って、どういう事なの?

 

何年か前にあるセミナーで同室になった方が

野菜の加工場に勤めてて

カット野菜は、もれなく次亜塩素酸ナトリウム?に漬けてあるから・・・って言ってたの。

洗ってあるのもみんなね。

それは生協に納品するのもみんな洩れなくよ、って。

その後、水に漬けるから

表示とかはしなくていいんだってさ。

 

たぶん、濃度とかは違うのかもしれないけど

まあ、いろいろ食品事故があってから余計に厳しくなったんだよね~。

 

塩素とビタミンは反応して

ビタミンは洩れなく無くなってしまうから

コンビニで売ってるサラダとか

カット野菜のサラダには

まったくビタミンは無いんだろうな~、って事はわかってたけど。

 

安売りの野菜も

やっぱり要注意だったんだね。

傷まない=コストが抑えられる、訳だものね。

 

でもね、

みんなが見た目キレイな、安い野菜に飛びついているかぎり

どんどんプラスティックみたいな野菜になっていくのかもしれない。

化学肥料やら、コストを抑えるために

いろいろな事をやって

ほんとに大丈夫なのかしら?

 

かといって家計がキビシイと

そう高い有機野菜も買えないし・・・。

 

って思うけど、廉価でいい加減に買うから

残してムダにしちゃうのかも。

安さに誤魔化されないように、ちゃんとした野菜だけ

売ってくれたらいいんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

バケツ循環型コンポストに挑戦

先日 ヤングミセスの見真会に行って
教えてもらった 自家製簡単コンポスト。

腐葉土をバケツに入れて混ぜるだけ!という手軽さと
教えてくれた方が もうそれで6年も循環させてやってる!
っていう話だったので
さっそく ホームセンターでゴミ箱と 腐葉土を買ってきました。

一旦乾かした腐葉土を バケツの底に2~3cmくらい入れておき、
あとは水気を切った生ゴミを入れて 腐葉土を入れてかき混ぜるだけ。


     (腐葉土を 乾燥させています)


      (底に 腐葉土を入れました)

少なくても2日に一度はかき混ぜて
晴れた日には 日にあてて中身を乾燥させるとよいそうです。
雨にあたるとだめなので 雨の時にはフタをする事。

植物性、動物性のゴミ、魚のはらわたなど 何でもOK
どんどん混ぜると 微生物が分解、発酵して
温度があがってほかほかになり、
ゴミがどんどん 減るらしい。
底に水がたまるので、よくかき混ぜる、との事。

そして、混ぜれないくらいになったら
別のバケツに移して フタをして 1ヶ月熟成させるそうです。
この間、一週間に一度かき混ぜる。
そして、1ヶ月後に カブト用の土みたいに真っ黒になったら
腐葉土の出来上がりで

これを、また干して
新たに、また生ゴミ処理用に使用出来るそうので 循環式、だそうです。
堆肥としても もちろん使えます。

これなら 庭が無くて、堆肥ができても困る場合でも
ベランダでも 生ゴミ処理ができるそうです。

教えてくれた 彼女の家では
分別できない 燃えるゴミは 一週間に ほんの少ししか出ないそうで。


まだ、今日はじめたばかりなので
さあ、どうなるか?まだ不明ですけれど
とにかくこれで 燃えるゴミ、減ったら嬉しいし
生ゴミで重たいわけだから すこしでも軽くなったら 有り難いですしね~。

また、しばらく試して 結果ご報告いたしま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)